真宗高田派 専修寺関東別院 千葉分院  
 

  
真宗高田派本山

    せんじゅじ
専修寺 関東別院千葉分院               

トップ 千葉分院 安穏浄苑 真宗高田派 専修寺本山 専修寺関東別院 乗願寺横浜別院 つくば分院 永代供養墓 改葬 お墓の引越 地図・アクセス リンク  
専修寺関東別院千葉分院 〒264-0011 千葉県千葉市若葉区大草町726番地1 Tel:043-237-0208 Fax:043-308-3303 chibabunin@yahoo.co.jp
蓮華墓地 小蓮墓地 合葬墓地 一般墓地 専修寺関東別院千葉分院
〒264-0011 千葉県千葉市若葉区大草町726番地1
Tel:043-237-0208 Fax:043-308-3303
chibabunin@yahoo.co.jp

 
 
ひとくち法話1~9話 ―にんげん―

第1話 人身受けがたし
(にんじんうけがたし)
―誕生の不思議(たんじょうのふしぎ)―
 
 
ひとくち法話 1~9話 にんげん 私が、いまここにいることが、摩訶不思議(まかふしぎ)です。広い地球の、広い日本の、広い三重県のここに、人のいのちを享けて、いまを生きています。
 この父、この母を縁にして生まれてきました。この父が別人だったら、この母と夫婦の契り(ちぎり)がなかったら、私は永遠に生まれてくることはありませんでした。
 この不思議としかいいようのない因縁は、親と子という二世代だけのものではなく、無始以来の先祖までさかのぼっていきます。
 報恩講に拝読する『式文(しきもん)』の中に「盲亀浮木(もうきふぼく)」のたとえ話があります。
 いつも大海の底にいて、100年に1回海面にあがってくるという盲目の亀がおりました。その浮き上がってきた時にたまたま穴のあいた浮木(うきき)にぶつかって、その穴に亀の首がはまったという話です。人間にうまれてくること、ほとけの教えにあうということは、これほどのできごとだというたとえであります。実際こんなチャンスがありましょうか。ありえないということがあったという話です。その証拠が、いまここに生きている私たちであると教えられています。
 『法句経(ほっくきょう)』に
  人の生を うくるはかたく
  やがて 死すべきものの
  いま いのちあるは 
  ありがたし
という聖語があります。
 再び生まれてくることのない私、1回きりのいのちを「どう生きるのが本当か」がわからなくては、永劫(ようごう)に迷っていかねばなりませんと、親鸞(しんらん)聖人はお念仏の教えを生涯説いていかれました。 
 
 
ひとくち法話 10~15話 三尊仏  
ひとくち法話 16~27話 真宗の教え  
ひとくち法話 28~34話 七高僧  
ひとくち法話 35~44話 高田派  
ひとくち法話 45~69話 親鸞聖人のご生涯  
ひとくち法話 70~83話 お釈迦様のご生涯  
ひとくち法話 84~92話 聖徳太子  
ひとくち法話 93~102話 諸法会  
ひとくち法話 103~110話 四苦八苦  
ひとくち法話 111~122話 こころ  
ひとくち法話 138~141話 迷信  
ひとくち法話 142~147話 感動  
ひとくち法話 153~ 聖人のおことば  

  ひとくち法話 1~9話 にんげん

第2話 老いを華やぐ
(おいをはなやぐ)
 
 
    としどしにわが悲しみは深くして
   いよよ華やぐいのちなりけり(岡本かの子)
 私たちは暮らしながらに老けていきます。だんだん歯が抜け、腰やひざが痛くなり、耳も遠くなっていく。老いていく悲しみばかりなのに、岡本かの子は「いよよ華やぐ」と歌っています。限られた人生を歩き、人生を生きる。求めざるに、老いに「オイ」とポンと肩を叩かれて仰天する。仰天するでなしに、後ろから近づいてくる老いを静かに眺めて、来るんならいつでもどうぞと言える生き方ならすばらしい歓びです。
 私たちはそのためには、自分の老いを作り上げねばなりません。体の老いに抗することはできませんが、私の人生の生きようまで老いに押さえられてはなりません。人間の脳細胞は使わなければますます退化していくと言われています。七十過ぎてからでも何かをする、新しいものに意欲を燃やす、趣味にいきる、みな老いを転換する方法です。しかし所詮この転換も本質的解決にはなりません。
 岡本かの子は、実は親鸞聖人から華やぐいのちの歓びを頂いて生きていかれました。すばらしい芸術的素質を持ちながら、自己の煩悩にさいなまれ、夫一平の愛欲にも翻弄されていた彼女は、聖人の苦悩と煩悩に満ちた生涯、人間的な人柄にのめりこんでいきます。聖人の徹底した自己否定と自己批判、そこから生まれる凡夫の自覚を通してこそ他力念仏の道が開かれると教えられます。
 人生の後半、望まずして必ず対面する老いにしろ、人間は与えられた宿命を背負いながら、自分の人生を歩く以外にどうすることもできない存在ですから、素直にそのままうなづいていくことが老いを超えていくことになると言えましょう。 
 

  ひとくち法話 1~9話 にんげん

第3話 病とのおつきあい
(やまいとのおつきあい)
 
 
  日本は世界最高の長寿国だと言われています。その理由は医学の発達と食物等生活環境の良いことがあげられます。
 しかし長寿なるが故に反面、複雑で多様な病にめぐりあわねばなりません。巷には病院や診療所などに病人が溢れています。病気になっても、なかなか死なせてもらえずに、病に苦しまねばなりません。
 病気にはかかりたくない、かかっても早く治りたいという気持ちは人情の常ですが、お医者さんだって治せない病は治してくれません。病はいやだ、きらいだと逃げまわっていても、余計に悪くなる場合もあります。
 真宗の教えの重要なことのひとつは、自分が凡夫であるとの自覚によって「自力無効(じりきむこう)」とめざめることです。お医者の施療活動も、栄養や保健管理等も一種の自力のはたらきです。自力のはたらきには限界のあることを自覚せねばなりません。
 ある名僧は次のように語られました。
「病気になるのは何かのたたりではない。病気は煩(わずら)わさせてもらうもの、病気になったおかげで、娑婆(しゃば)がわかり、人間そのものがわかり、自分の弱さや醜(みにく)さもわかるのです。そして他人様の親切さもわかるのです。病気は自分の凡夫性(ぼんぶせい)に気付く絶好の機会なのです。病気も仏作仏行(ぶっさぶつぎょう)、如来様(にょらいさま)のおはからいと申せましょう。」
 このように病とおつきあいをすれば病も軽くなり、病の苦もへるのではないでしょうか。お念仏をいただくと、三世の重障(さんぜのじゅうしょう)が軽くなるという、ご和讃(わさん)が改めて深く味わえます。 
 

  ひとくち法話 1~9話 にんげん

第4話 生もわれら 死もまた われら
(せいもわれら しもまた われら)
 
 
   死ぬのはこわい、いつまでも生きたい、死なない方法はないものでしょうかとの願いに、ある人が1つあるよ、それは「生まれてこないこと」と言ったそうです。まことに明快な答えといえましょう。
 この世に生を受けた以上必ず訪れるのが死であり、例外は許されません。文字どおり死亡率は100%です。あの一休禅師はこんな歌を残されています。
  門松は冥土の旅の一里塚
   めでたくもありめでたくもなし
 おぎゃあと生まれた時から、すでに死に向かって私たちは進んでいるといっても過言ではありません。
 志賀直哉さんの小説『城の崎にて』は作者が温泉で療養中、動物の生きざま、死にざまを目にして、その体験からつかんだ、生と死に対する感慨を述べたものですが、その結びとして「生きていることと、死んでしまっていることと、それは両極ではなかった」と述懐しています。
 丁度、紙に表と裏があって、表を生、裏を死と考えますと、表と裏はひっついており、切り離すことができません。それとおなじように、人間の生と死も別々のことではなく、死を抜きにしては生が考えれないわけです。つまり生を解決するには死を解決せねばなりません。
 清沢満之師も「生のみが我らにあらず、死もまた我らなり」と述べられています。とかく私たちの日常は生きることばかり考えて死ぬことを考えないで生活しているように思います。いかがでしょう。
 何といっても人生における最大の事件は死であって、後生の一大事と受け取らせてもらいたいものです。
 
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     

 
真宗高田派 専修寺 本山
専修寺関東別院 乗願寺横浜別院 専修寺千葉分院 専修寺つくば分院
 

 安穏浄苑

Copyright(C) 2016 Senjuji kanto-betuin Chiba-bunin All Rights Reserved.